花粉症 注射

花粉症対策の一つに「注射」があります。

 

が、注射する薬の種類によっては副作用を伴うものもありますから、
安易な注射はお勧めできません!

 

特に、
「持続性のステロイド(副腎皮質ホルモン)注射」
は最悪です。

 

ま、通常のお医者さんなら絶対に勧めないであろう薬なので
問題ないとは思いますが、もし勧められたら?
きっぱりと断って下さい。

 

 

副作用の例

 

・月経不順
・風邪や肺炎などの感染症
・骨粗鬆症、糖尿病の発症

 

また、持続性のステロイドの場合、副作用が出てから
最低でも2ヶ月程度は続いてしまいます。
(体内に残ってしまうため)

 

さらに、注射を打った翌年は、注射を打たないと
症状が悪化するという副作用まであります。

 

 

全ての注射がこういった副作用を伴うわけではありませんが、
十分に説明を受けてから治療を受けるようにして下さい。

 

 

注射がこわいなら?
無理に注射を受ける必要はありません。
薬を服用する対策がいいですよ。